So-net無料ブログ作成
検索選択

復讐の未亡人。(佐伯について) [本]

佐伯みたいな女は、世の中にいるのかなぁ。
あからさまに性格の悪い女って、中学時代はいたわ。
高校とか大学でも多少いたけど、大人になったらもう、性格が悪いことが恥ずかしいと思うんだけど。

佐伯が基本的に頭まわるのは上辺の部分だけで、完璧に詰められる訳ではないから、まああんなことになったのだろうけど、性格が悪くて頭が悪いって致命的だなと思う。
性格が悪いからこそ周囲から憎まれてハメられる可能性があるのに、自分のことを自分の力で守れない。

陽史は、ほんとすごい。今回の復讐の立役者。
やはり、陽史を主役にして悪党を倒していく物語をぜひ連載して欲しい。

それにしても佐伯が地獄すぎる。
まず、両親や親族、いとこ、自分の会社の面々(社長がいなかったのが残念)、亜津志の両親(しかも父親が警察官)、亜津志の兄弟、亜津志の会社の人達、2人の友人達に、禁断すぎる映像を見られ・・・

自慢したい相手を佐伯は結婚式に呼んだだろうから、自慢したい相手からあの映像を見られることになるって嫌すぎる。

あの映像が流れたあと、出席していたカップル?が、隠れてイチャイチャし始めるとか、佐伯の映像をむしろ利用していい雰囲気になってしまうってすごい。
傷付いた佐伯の気持ちを慮ってなどいない。

亜津志は、密のこと、佐伯から聞いてた話と全然違うじゃないか!って怒ってて、その点は見る目あるなと見直したけど、やはり過去に佐伯ごときの嘘を信じて優吾にひどい暴力を振るったことは許せないから、それ相応の恥をかいてしかるべき。

あんな女と結婚しようとしてたことや、あんな式に上司や同僚を呼んだことが、どれだけ笑われるか。
亜津志なんて横暴だし性格良くないだろうから、周りからも愛されてはいないだろうし、結局亜津志の周囲も、腹の中では今回の出来事を笑っているはず。
亜津志は、どのツラ下げて今後周囲の人と接していくのか。
まあ、「あんな女を選んだ自分がバカでした」と自分を責めるタイプではないだろうから、怒りの矛先は全て佐伯に向かうであろう。

佐伯は、会社を辞めるだろうか。
「違うの、あれは誰かが作為的に作り上げたもので・・・」とか言って被害者ぶりそうではある。
で、周囲はまた仲間に入れてあげるのかなぁ。
バックに怖い人がいるから。

ムリだな・・・自分だったら、退職して誰も自分を知る人のいない職場に行きたい。

しかしそれはそれで、また彼女は懲りずに、同じように生きていく気がする。

うーーーん。復讐って難しい。

あと、式場が訴えられないか気になる。
佐伯が「おたくのプランナーに無理やりやられたんだ」とか喚いて。

でも、そんな時のための「俺の顔は映ってないんで、煮るなり焼くなりどーぞ」のデータなのかな。

その後が色々と気になるマンガです。




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。