So-net無料ブログ作成
検索選択

妊活:卵胞チェックを繰り返す [妊活]

12月に受診して以降、卵胞の大きさをチェックしに行く日々が始まった。

初診は、月経開始日から10−12日頃が良いとのことで、その辺りで受診。
診察台に乗り、棒のようなエコーの器具を挿入して、卵胞の画像を撮影
パソコンで画像を見ながら、先生が説明してくれるという流れだった、

卵胞は、大きくなっていなかった。
だから、また数日後来てくださいと言われた。

今なら分かるんだけど、当時は、何やってるのかよく分からなかった。
もちろん、事前にタイミング法という方法があると知識を得ていたので、タイミング法のことは知っていた。
だが、先生は、「卵はまだまだですね。かなりゆっくりです。○日後に来てください。何か質問ありますか?ではこれで終了です。」
それしか言わないからさ。
私みたいなタイプは、自分からガツガツ質問できなくてモヤモヤしたまま帰った。
どう質問すればいいのかも分からなかった。

診察に対する先生の信念的なものは、皆無だと思った。
今思うのは、そこまで不妊治療に力を入れている病院でもないからだった。
だって、ホームページにだって、ちゃんと書いてあったじゃないか。
ブライダルチェック実施します」「場合によっては、クロミッド処方します」と。
信念とか特にない。
むしろそれが良くて、ここを選んだようなものだ。
自分の体の状態を知りたいだけだから、積極的に不妊治療の話になるのは怖い、と。

いつからか、私の考えこそ変わっていたのだろうか?

卵胞チェックは3ヶ月続き、3ヶ月経過したあたりで、ようやく、「今やってるのって、タイミング法?」と気付いた。
実は分からなかった。ブライダルチェックの一環で、一定期間卵胞の発育ペースか何かを確認しているのかと思ってた。

「もし卵胞を発育を促すお薬を飲みたければ、次は月経開始から○日前後で来てください」と言われ、私は「はい」と答えた。

なぜ「○日前後」と書いているかというと、なんと、何日だったか忘れたから。
直後は覚えていたけど、自分の中で、シャッターが完全に降りたので、このシャッターがまた上がることはないと思った。もう、ここに二度と来ることはないと思った。
だから、今書こうと思ったら思い出せなかった。

まず、この指定された日程で受診する目的を、先生から教えて欲しかった(タイミング法のためというのは、私が気付いた結論だから)。
そして薬を使えばどんなメリットやデメリットがあって、うまくいく事例、いかない事例、説明して欲しかった。

時間がないと言われればそれまでだけど、私以外では時間かけてる人もいるし、診察室から笑い声がもれてくることもあるから(深刻な状態だから時間がかかっている、というわけでもなさそうだったということ)、どんどん苦痛になっていった。
他の患者さんと診療に差をつけられているような気持ちになりながら、贔屓を疑いながら、自分の体のことと並行して、そっちにも疲れた。

私は、ペラペラ話す医者が好きだということにも気付いた。
自分の行きつけの歯医者さんは、「歯は歳をとったらいつか勝手に抜ける。だから、それまでは、抜かないで治療して使い続ける」という確固たる信念を持っており、いつもその信念について、語っている。
私は、ほぼ無言で相槌のみだが、先生は勝手に1人で喋っている。
知り合いは、それが嫌だと言ってもう行かなくなったけど、私は、それが好きだ。
お医者さんに、たくさん喋って欲しい。

そんな自分の好みについて、改めて気付いた。

そんなわけで、あっさり、別の病院に行くことにした。
この病院にも色々検査などしていただいたし、何か傷つくような言葉を投げかけられることがあったわけでは全然ないので、それはそれで良かった。
本当にありがとうございました。




スポンサードリンク



タグ:卵胞 妊活
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。