So-net無料ブログ作成

メルカリ。 [日常]

先日から、メルカリを始めた。

隣の席の美人から教えてもらい、そんな若者みたいなことできないよ、って思ったけど、あまりにも簡単に出品できて驚いた。

そして、売行きの早さにも。

今のところ売れたものは、
デオナチュレのフットクリーム、エテュセのリップエッセンス、ランコムのグロス、ランコムのフェイスパウダー、ジルスチュアートのミラー、ネイルホリックのネイルカラー3本セット、セザンヌのリップペンシル、シャネルのルージュ、シャネルのシャワージェル&ローション、リルジュまつ毛美容液、キャンメイクのリップ&チークジェル、K-パレットのリキッドアイブロウ、関ジャニ∞のDVD、献血でもらったピンバッジ(非売品)、コミック「人は見た目が100パーセント」4巻セット、その他マンガや小説諸々。

小銭稼ぎのチリも積もって、今のところ、20000円を超える売り上げとなった。

こういう売買って怖いと思ってたけど、メルカリは、その怖さを最小限にする工夫がなされている。

思うに、そのうちの1つは「メルカリ便」。
これは、名前も住所も知らない相手に、自分の名前も住所も知られず、品物を送ることができるのだ。
すごい世の中だな。
ヤマトが運んでくれるのだけど。
いや、すごい。ほんとすごい。
だって、住所が分かれば、今の時代はGoogleマップで家を見ることも可能だからね。
家を見られたから何か起こるのかというと、何もないのだけれど、

「見知らぬ人が自分の家をGoogleマップで検索するという行為をしている可能性がある」(長っ)

そのことが怖いよね。

メルカリ便を選択すれば、その恐怖はない。
そして、「発送済、配達中、配達済」などの進捗状況が画面上で分かる。

但し、メルカリ便以外を選択すると、普通に一般的に住所を書いて送るのと同様の方法となるし、進捗状況はメルカリの画面上では分からない。
でも、自分もそうだけど、定形郵便・定形外郵便の方が安ければ、リスクを背負ってでもそちらを選択してしまう。そして、それでもいい人はリスクを背負って購入する。

ある意味、相手を信じての売買だなと思う。
無条件に信じることは難しいから、そこは相手のプロフィールや、相手が他者に評価されている内容を確認し自分で判断するしかない。

そして、メルカリのすごいところ2つ目。
評価の方法。

私は今まで売ったことしかないのだけれど、流れとしては、
出品→購入される→発送→相手に到着→相手が自分を3段階のいずれかで評価(その内容は、自分も相手を評価しない限り評価された内容を見られない)、自分も相手を評価して初めて相手が自分につけた評価を確認できる→取引終了、入金。

これ、相手が自分を悪く評価していたら、自分も相手を悪く評価し返すと思う。私なら。
ただ、相手がもし自分を良い評価にしてくれていたらという期待があるから、相手に悪い評価をつけにくい。お互い、そうだと思う。
そして実際に、よほど何かダメなことをしなければ「とても良い」の評価をもらえる流れになる。
評価を送信する際は、メッセージも入力できる。
「スムーズなお取引をありがとうございました」的な。

そんな中、先日、私の出品物のページに値下げ交渉の書き込みがあった。
基本、私は値下げ交渉には応じていない。というか値下げ交渉のやり取りってこちらも悩まないといけなし、そういうのが心理的に負担だから、自分のプロフィールにも出品物のページにもそのように記載している。

それを無視して、ズカズカと値下げ交渉をしてくるのだ。
即、私の「この人に関わりたくないセンサー」が作動する。

そんな時は「ブロック機能」を活用。
ブロックすると、相手は自分のページを見られなくなるらしい。

もっと正面から向き合ってちゃんと断れよって思われるかもしれないけど、
お相手も、もともとこちらの意向を無視しているので(あるいは掲載文を読んですらいない)、お互い様だと思う。

これからも、細々と続けていく次第です。




スポンサードリンク



タグ:メルカリ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。