So-net無料ブログ作成
検索選択

「ブスの本懐」を読んで思うこと。その2(ブスと性格) [本]

3月から、新しい人が我が部署に入った。
しかも私の隣の席になり、更に同じ企業を受け持つことになった。

その子は、20代半ばで、とても可愛い
リスのような感じで、クリクリとした目に、ポニーテール、花柄のワンピース、趣味は宝塚観劇。
しかも既に結婚している(相手は医者)。
裏表なくて性格もよく、笑顔も多く、一生懸命仕事を覚えていて、どんなどうでも良さそうなことも率先して行う。
人の悪口とか言うのかなぁ…。ちょっと想像がつかない。

この前、テレビで平祐奈ちゃんが出ていたけど、彼女も周囲の人曰く、人の悪口とか言わなくて、イライラもしないらしい。で、もちろん可愛い。

なぜ???

ちなみに自分は、心底ムカつく人の悪口を言っている時の剣幕たるや凄まじく、よくそんなに口が回るなと思うくらい怒涛の勢いでズタボロに言える。
ただ、限られた人の前でのみ、である。
人前で、人を不快にさせるようなことは、さすがに言わない。
言う勇気がない、その場の空気を壊す勇気はない。


数年前、和歌山の南紀白浜に友人と旅行に行ったことがあった。
その際、周遊船に乗り、船の底(一部ガラス張り)に海女さん達が登場して舞を披露するというサービス?が付いていた。

50代くらいの海女さんが船底のガラス越しに登場し、人間技じゃないようなことをしてくれたので、すごかったんだけど、それを見ていた女(おそらく19歳くらい)が「うっわ、ババア」と大きい声で言った。それも、貶す感じの口調で。
近くにいた彼女の弟が「ね、姉ちゃん毒舌(汗)」と言っていて、他のお客さん達はちょっと引いていた。

その女は、少しブスだった。
ドブスまでではないけど、100%可愛くも美人でもないし、体は少し頑丈だった。
私にもしも息子がいたなら、あんな女とは絶対に結婚して欲しくない。
だったら多少部屋汚くても自分の方がまだマシだ(本当に多少かどうかは別として)

平祐奈ちゃんだったら、海女さんの演技を見て「すごーい!!」と目を輝かせて言うだろうな。
私の隣の席の子もそう。
「初めて見ました!!」と嬉しそうに言うだろう。

で、一方のブスはあの態度。

なんで???

「ブスの本懐」のあとがきで「植物に優しい言葉をかけると綺麗な花を咲かせ、汚い言葉をかけると枯れる」という現象について触れられていた。
そして、それは言葉をかけられた側だけでなく、言葉を発する側も同様であると。

海女さんを貶したあのブスは、あんなにひねくれているということは、汚い言葉に触れる機会が多かったのだろう。
ああやって、空気も読めないブスだから、気づかぬうちに自分の徳も下げ続けるでしょう。
もちろん、周りから可愛いと褒められるタイプでもなく、あの様子では家族からですら可愛いと育てられたワケでもないだろう(フットボールアワーの岩尾望さんは、ご両親から、こんな可愛い子いないと言われて自分を可愛いと思い込んで育ったそう)。

これらのケースから、可愛い子は自然と性格も可愛く育つ可能性が高い。
だから、そういう性格に関する面ではほっといてもいい。

問題はブスのケースで、もしも子供がブスなのであれば、優しい言葉や愛の言葉を家族が幼少時からかけ続けて、もし「ブス」と周りから中傷されても、家族だけでも「可愛い」と言い続けるしかない。
あとは、他の長所を伸ばすようなことを言ったりとか。

それが「ブスだけど性格のいい子」に育つ秘訣であり、そういう子は素敵な人と結ばれたり、仕事に邁進して多くの人に慕われたり、周りから愛されて、素晴らしい人生を送ると思う。
いや、絶対に送ってほしい。
そう強く信じている。




スポンサードリンク



タグ:ブスの本懐
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。