So-net無料ブログ作成
検索選択

コントレール(最終回)感想。 [ドラマ]

2週間ほど前。
ついに、コントレールは最終回を迎えた。
すごく面白いドラマだった。

最終回は、泰造の出番が多かった。
井浦新の病室に行き、「ゆり子が求めてるのは新だけ」、とつぶやく泰造に、切なさを感じたけど、すぐさま「でもゆり子は俺のモノ」と意地悪な顔で囁く泰造。

井浦新は、意識がなかったのに、きっとあまりにもカチンときて意識が戻ったに違いない。
泰造は、新が意識がないと思ってるから本音を言ったのに、動いたからビビったと思う。

しかも、新に興味がないフリをするゆり子を怒鳴ってた。
私だったら、ああやって怒鳴る人とは一緒に住めない。
新さんだったら、心が海のようだから、怒鳴ったりなんかしないのに。


ゆり子は、生活のために泰造と結婚したのだろうか。
もし独身のままだったら、井浦新は恋人として、これからも会えたかもしれない。

どっちが良かったのだろう?
新は新で、家族が口うるさい感じだし、ゆり子的に結婚したくはないよね・・・

野際陽子で充分耐性ついてると思うけど、野際陽子とはまた違うんだよね。
別に野際陽子には、見下されてるわけではないし。

確かに、これが一番いいのかな。
泰造は、子供を一緒に育ててくれる仲間ということで。

あと、親友のタブは、女の中の女って感じだったな。
最後海で叫んでスッキリしてたけど、あの人は一生、根付いた「女」の内面とともに生きていくだろう。こればっかりは、元々の性格が大きく影響してる気がする。

そして、篠崎圭子は、結構あっさりしてるね。
アンタの時間を進めるために、色んな人が振り回されたんだけど。
でも今回のドラマで、今後桜庭ななみが出るドラマはまた見てみたいと思った。
セクシーなシーンがあったわけではないのだけど、なぜか色気も満ちている。

そして、中西良太さんは最後まで素敵すぎた。
退院して事務所に戻った新に、「もう戻らないと思ってた」って言って、新に「そんなわけないじゃないですか」と返された時の、「だよな」。

惚れた。
何だろう。
愛の核心をつかれた。

あー、実際にあんなオジサンが周りにいなくて良かった。
普通に、好きになっちゃいそうだから。

でも、その後他局のドラマで、セコそうな弁護士役をやってるのを見てビックリした。
様々な役柄を、こなされているのですね。


次のクールで気になるドラマは、今のところ、ない。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

西日暮里のパン屋さん。 [食べ物]

数ヶ月前まで荒川区に9年も住んでおり、西日暮里も近かったのに、今更あのパン屋さんの存在を知った。

【ブーランジュリー イアナック】
http://www.ianak.com

もっと早く知ってたらなぁー。
でも、そしたら今より太ってたかもしれない・・・。

そんなこんなで先日、パン好きな友人と朝から西日暮里で待ち合わせし、早速足を運んだ。
駅から徒歩2分程のところにお店はある。
駅前の大通りをファミマを目印に歩き、そのすぐ横の道を入るとお店はある。

このファミマには何度も寄ったことがあったけど、こんな脇道に入る用事はないから、こりゃ気付かないわと思った。
そもそも、西日暮里というディープな界隈?に、素敵なパン屋さんがあるなんて、思いもよらなかった。

こぢんまりした店内には、種類多くパンが並んでおり、
散々迷った挙句、ダークチェリーデニッシュ、ミートパイ、そしてマツコの番組でも紹介されたというカレーパンを購入。合わせて800円くらいだった。

テイクアウト専門店なので、購入したパンをどこかで食べようという話になった。
ファミマで飲み物を買い、徒歩5-6分のところにある、こちらの公園へ。

【須藤公園】
http://www.city.bunkyo.lg.jp/bosai/midori/kuritukouen/kouen/sudou.html

いやー、穴場だと思う。
背もたれ付きのベンチがあるし、木陰が多くて涼しく、景色も六義園のミニミニバージョン風だし、道路に面していなくて静かだしで、そこで3時間も過ごした(笑)
パンと飲み物だけで。
一人で散歩してる人もいたし、一人でベンチに座って何か食べてる人もいたので、一人でゆっくり過ごすにも快適と思う。

私がこの公園を知っていた理由は、よくこの近くの酒屋さんに足を運んでいたから。
【伊勢五本店】
http://www.isego.net/_m/

須藤公園の脇にある石畳のような坂道を登ると、お店がある。
日本酒、焼酎が豊富に置いてあり、よく、ゆきの美人や亜麻猫という日本酒を買っていた。

そして、肝心のパンですが、まず最初に食べたカレーパンは、カレーパン特有の揚げた感や油の感じが全然なくて、レンコンなどの具も豊富で、ヘルシーな感じが美味しかった。

そして、ダークチェリーデニッシュ、衝撃的に美味しかった!!
このダークチェリーデニッシュを買うために、血迷って会社帰りにわざわざ電車乗り換えてまで寄ろうかと思った。そんなことしたら、どこまで太ることでしょう。
でも、そのくらい美味しかった。

また、ミートパイも、ものすごく美味しかった!!
パイがこんなに美味しいなら、クロワッサンもきっと美味しいんだろうなと思った。

次回また行ったら、ダークチェリーデニッシュとミートパイは確実に買うわ。
友人は、家用に食パンを200円で購入していた。

もともと、パンなんて興味なかったし、年に数回食べるか食べないかだったのに、こうなってしまった。
でも、パンのカロリーの高さは充分に知っている。
コレステロールも、更に上がってしまう。

だから、普段の生活に気をつけて、パンを食べる時に心から楽しめるようにするしかないかな。

ちなみに、パンのあと、パンケーキ、天そば、メロンとモンブランのパフェを食べるという馬鹿な行動をしたため、体重は1kg弱増加した。
・・・次行くのは、体重を戻してからにしようと思う。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

しまむら。 [美容]

最後にしまむらに行ったのは、いつだったろう。

9年くらい前かもしれない。

当時秋田帰省した時に、母に付き合って行ったのだが、私は忘れない。
東京自由が丘で買った靴と全く同じものが、そこに売ってあったことを・・・。

その時、流通とは何かを悟った。よく分からないけど。

しまむら、すごいな。って思ったけど、やはり時が経つにつれて、心のどこかでまたしまむらをちょっとバカにしていた。しまむらで買うの恥ずかしい、みたいな。

だが、先日秋田に帰省した際、美人でセンスのいい幼馴染がしまむらに行きたいとのことで、一緒に行った。

結論、私はもう、基本的にしまむらで服を買おうと考えるようになった。
色んな意味で、衝撃を受けた。
9年前も、すごいと思ったけど、更にパワーアップしているように見えた。

オシャレなショップで15000円で購入したトップスもスカートも、2000-3000円で売ってんですけど!!
そりゃあ、微妙に違うんだとは思うけど、正直、人の服をそこまで細かく見てないから、他人だって私の服を、そこまで見てないと思う。
高くて似合わない着こなせない服を着てるより、安いのが人に分からないなら、似合う形や色を身につけてる方がいい。

そして、店員が声をかけてくるということが、もちろん一切ない。
ショップだと、ただ見てるだけなのに「何かお探しですか?」だの「ちょっと羽織ってみませんか?」だの、好きなように見ることができなかったするし、かといって、ショップの店員に無言で無表情でいられると、「うちの店にあなたは不釣り合いなのよ」とか思われてたらどうしよう、と勘繰ってしまったりで疲れる。
そういうのがないのです!!!
システム的には、スーパーの2階の衣料品店的な!!

そう聞くと、えっ・・・って思うけど、目の前には安くてトレンドな洋服がいっぱいあって、自由に思う存分見られるのです!!

しかも、更にいいのは、試着室。
昔ながらのように自分で勝手に入って、自分で吟味して、納得するまで考えることができる。
狭いけど、意外とそこは問題ない。
オシャレなショップみたいに「外の明るい鏡で見てみてください〜」だの、「カワイイ〜!私もコレ持ってるんですけど〜、いいですよね〜」だの、試着してから買わないと決めて店員に返すときの気まずさだの、そういうのが一切ない。

あまりにも楽しかった私は、なんと翌日母を誘ってまた行った。
そこで、グレーっぽいパンツを3000円未満で購入したのだが。

今、そのパンツが最も出番が多い。
程よく足にフィットして、洗濯じわも伸びるから雑に扱える。
前のチャックとボタンがフェイクのもので、最初笑えたけど、それがメチャクチャ便利で楽。

オシャレショップ独自の凝ったデザインのものはオシャレショップで買うとして、こういうパンツは、全然しまむらでいい。ってか、むしろしまむらのが履きやすいし、そういうお店のパンツと見分けがつかない。

大手ファストショップよりも、掘り出し物が多くて楽しい。

下着も、カワイイものがあったので数枚購入。

幼馴染は、イオン内のあらゆる服屋(オシャレな感じなお店)を散々回ってサンダルを探したが気に入るものはなかったのに、しまむらで理想どおりのものを発見し、1000円未満で購入。
あの美人でセンスのいい幼馴染が。
で、見つけるものもやっぱり、彼女はうまいんだよな。
気に入らないのを安易に買ったりしないし。

都心に住んでた時は、しまむらがなかったから行けなかったけど、今は自転車で行ける距離にある。
嬉しすぎる。
ただ、彼に「しまむらに連れてって」とは言えない。
彼の服をしまむらに選びに行くのも、ちょっとまだ考えられない。

別に、それでいいのだと思う。
しまむらは、私の心の拠り所だから。

興味ないふりして実は大好き、良さが分かる女友達とは盛り上がる、そういう存在だから。

もちろん、自分的に勝負服はオシャレなショップで買うかもしれない。
でも、それ以外はしまむらで充分かわいい。
そうやって昔から買い分けていれば、何十万円、いやもっと無駄金使わずに済んだのに・・・。
高い勉強代だった。
当時は当時で、買う行為が楽しかったから、そこにお金を払う意味はあったのかもしれないけど。

そんなワケで現在、ショップで高額で買ったけど実は着こなせてない服を、ヤフオクで売り払っている。

もうこれからは、着る服しか置かないことにした。
地曳いく子さんの本のとおり、服を買うなら捨てなさい、の状態に持っていく。
タグ:しまむら
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

結婚に向けて。 [恋愛]

彼と話し合った結果、7月7日に入籍することに決めた。

先日は、彼が結婚の話を積極的に進めていないように感じて、猛烈に腹が立っていた。
本当に頭に来ていた。

その後の、とある出来事がきっかけで、事態は少しだけ進展する。
会社で自分の上司が「最近、休み多いけど、もしかして体調悪い??休みは取っても全然いいんだけど、心配になって。」と声をかけてくれた。

まあ、休みが多い理由は引っ越しのせいだったんだけど、上司には彼氏ネタをよく話していたので、結婚の予定があることを報告してみた。
そしたら、ものすごくキャピキャピ喜んでくれた。
入籍日を訊かれ、焦りながらも、「ハッキリは決まってないんですけど、7月頃ですかねー」と言ったら、七夕がいいんじゃないかとノリノリになり、なんと7日の学生実習対応の担当を外してくれた(!)

こ、これは・・・
まあ、もちろん7日と決まってないことは上司も承知ではあるんだけど、確実に追い風吹いてる。

家に帰り、今日の出来事として彼に何気なく話した。
「入籍がいつか訊かれて、決まってないから、7月くらいですかね〜って適当に言ったんだ〜。そしたら、七夕がいいんじゃないかって笑い話の延長で、その日の業務を他の人の担当にしてくれたんだー。全然、7日にすると決まってもいないのにね。」と、この程度のノリで話した。

そしたら彼が笑顔で、「じゃあ7日にする?」と言った。
え!!!本当に?!
あと1ヶ月後に私は結婚するのか。
実感がない。
でも、この中途半端な状態に終止符が打てるなら、最高に嬉しい。

指環のことも最初は色々調べたりして考えてたけど、段々どうでもよくなってきて、まあいいかと思って、もう見ていない。
ここで、指環!指環!うおお!って騒いでたら、更に彼は引いていたと思う。

昨日私が、「入籍には、戸籍謄本が必要なのかな〜」と何気なく言ったところ、「そーだなぁ、そろそろ調べないと」と言っていた。
よし、いいぞ、いいぞ。

段々、彼の扱い方が分かってきたような・・・気がする。

引越しで転居届を出しに行った時、婚姻届も貰ってきておいて本当に良かった。
あの時勇気を振り絞って「婚姻届もらっとく?」と彼に言った自分を讃えたい。

はぁー、それにしても何で私がこんな、手とり足とり・・・。
周囲から、男の人は何も分からないよ?と聞いてはいたけど、見事に自分もそれを喰らうとは。

でも、かといって、もし彼が積極的にガツガツ結婚を進めようとしたら、それはそれで怖い。

その場合、きっと私のことだから
「誰でもいいからとにかく結婚したいのでは?」
「何か早く籍を入れて逃げられようにしたい理由があるのでは?」
など、疑ってかかったに違いない。

だから、現状を幸せだと思うことにした。
何も、冷たくされてるわけでも暴力ふるわれてるわけでもないじゃない。

ただ、結婚に向けてキビキビ動けないだけじゃないか。

可愛いもんさ。怒る必要なんてないのさ。
自分の思い通りに彼が動かないことなんて。

しかも彼、「結婚したことないから、どうすればいいのか分からないなぁー」とか言ってたので、それもまた可愛いもんさ。

これで、結婚の経験があってサラッとこなされても悲しいから。

どうか無事に、7月7日を迎えられますように。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

コントレール(第7話)感想。 [ドラマ]

第7話は、石田ゆり子が泰造と結婚して、息子と三人で生活している様子から始まった。

泰造の夫ぶりは、とても素敵だなぁと思った。
でも、性的な目では見れないと思った。(何様)
もし私がゆり子だとしたら、多分、泰造が誰か他の女に奪われそうになって始めて、泰造の良さに気付けると思う。
タイプじゃないがすごくイイ人だったりすると、
「頑張れば好きになれそう」
「こういう人を好きになれたら自分は幸せになれるはず」
って思って、自分の脳を勘違いさせようとするけど、ちょっとした口調とか声のトーンにザワッと鳥肌立ったり、受け付けないことってあると思う。あー分かる分かる(勝手に)
だから、タイプでもない男と一緒に生活しているゆり子はすごい。

相変わらず思うけど、桜庭ななみの演技がうまい・・・
石田ゆり子を喰う勢いで。
話し方とか、目つきとか、私が今まで思ってた桜庭ななみと違うから、違う人かな?と今でもまだ思ったりする。
意外と色っぽいし。ゆり子の息子に話しかける口調とか、すごく色っぽかった。きっと魔性の女だと思った。

あの女友達の田渕さんは、いったい何なのですか??
泰造のことが実は好きだったとかですか??

井浦新がゆり子の夫を刺した人だと知ったから、ゆり子が別れたのに、何で、微妙にそこでもキレたんですか??付き合い続けてたら、もっとすごい剣幕で怒るだろうに??
高校時代に一緒に2大デブだったのに、ゆり子があまりにもモテるから、嫉妬してるんですかね。
大体が、ああいう明るくて調子の良さそうな女に限って、すごい嫉妬深かったり容赦なく人を責め立てたりするから。
世に存在する、女の嫌な部分を、よく表現してくれていると思う。

野際陽子は・・・ウザい。
あっちゃんが生きてたらねえって号泣するけど、そもそもアンタの息子が不倫してなければ品川で待ち合わせもしてねーんだから、アンタの息子が全て悪い。
しかも、生きているのがツライって嘆くけど、ああやって言葉に出して発散してるから生きていけるというか、しぶとく生き続けると思う。

相変わらず、私の大好きな中西良太さんは最高。
かっこいい。どこか、可愛いし。
忍成修吾は、良太さんの手作りの看板(長部法律事務所ってやつ)を貶したのは許せない。

最後で、桜庭ななみを助けようとして井浦新も車にはねられて倒れてたけど、桜庭ななみは、どこまでも人を巻き込む女だなと思った。

次回予告で、泰造がゆり子を怒鳴ってたけど、やっぱり、あーいう人は本当は怖いんだ。そんな感じする。
でも、なんか怒鳴るのも分かる気もする。
さすがに、仏の泰造も、疲れてくると思う。

泰造の演技は、すごいなぁ。
何かインパクトのある演技をするわけでもないのに、佐々岡の役はもう泰造しか考えられない。
お笑い芸人でドラマに出てるのは、徳井義実とか宮迫博之も今そうだけど、佐々岡役はできないと思う。
お笑い芸人の泰造がどんなだったか、思い出せなくなる。

そしてエンディングの鈴木雅之で、シビレて終わる。

次回も、モーレツに楽しみ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。