So-net無料ブログ作成
検索選択

早い段階で妊活疲れ。 [妊活]

11/24に、生理が来た。

待ちに待った生理だった。

前回の生理日から54日も経過して。

妊娠してないならしてないで、さっさと生理が来てリセットしてほしかった。

この1ヶ月、ずっと妊娠のことばかり考えてた。
気にしすぎたから、生理が遅れたんだと思う。

何か少し緊張するだけで、私は簡単に生理が遅れる。
だから、ここ最近遅れたのは、まあ当然のことだとは思う。

妊活について、不妊治療について、検索すれば検索するほど、自分が自然妊娠できる可能性は極めて低いと思い知った。

せめて自分の卵胞や子宮の状態を知りたくて、検査に行ってみたいなと思っても、病院選びで立ち止まることになった。

口コミを見ると、こんなに先生から傷つくこと言われるんだな・・・って思った。
評判がいい病院もあるけど、そういう病院は混んでるから、予約できるのが何ヶ月先か分からない状態で。

こうなったら、近さで選ぼうと思って、会社から徒歩2分くらいのレディースクリニックに行ってみたが、入り口で靴を脱ぎかけて、やめた。
なぜならば、受付とか看護師が、こちらを一瞥して何も言わなかったから。

それだけの理由でやめた。

どんだけナイーブ。こんなんで、この先耐えられるとは思えない。

年齢的には、一刻も早く受診すべきなのは分かっている。

数日前に久しぶりに会った先輩(娘連れ)、何気なく妊活の話をしてみたら、先輩が体外受精を数回行っての妊娠だったことを知った。

こんなに身近にいたなんて。
先輩は「行くなら最初から不妊専門クリニックがいいよ」とアドバイスをくれたけど、自分のこの迷いは何だろう。

その理由はきっと、自分は、覚悟が足りないからだと思った。

子供を授かるために、お金もかける、仕事も休む、先生に何を言われても耐える、検査が痛くても耐えてみせる、その覚悟が。

私は、自然妊娠できないなら、それはこの年齢まで私達が出会えなかったことの運命の結果だから諦める、そんなことを実はどこかで考えていたりする。

今まで付き合った人達と、結婚の話も出たことは何度かあって、あの若い頃に結婚していれば妊娠できたかもしれない。
でも、しっくり来ない。
結婚の話が出るくらい好きだったはずなのに、あの人達の遺伝子を愛せる自信がない。
って、結局その程度だったってことが今なら分かるのだけど・・・

私の周りには、早く子供が欲しくて、付き合った相手と結婚したって人がいる。
そして無事に2人の子供をもうけ、元々さほど愛してもいないという夫に対する愚痴ばかり言っている。
その人は、子供が欲しいという強い思いがあったから、不満だらけの夫(子供がいなければ離婚したいくらい)の遺伝子を受け継いだ子供を、心から愛せている。

こういう無償の愛を注げる人が、子供を生むべきなのだろうとすら思う。

結局、私の今現在は、私の元々の性格と熱意の低さによるものであり、何が何でも本当に子供が欲しければ、きっと過去の誰かと結婚していただろう。

でも私が結婚したいと思った相手は遅く現れたから仕方ない。
彼の子供なら愛せるし、彼がお父さんになった姿を見たいけど、年齢がそれを許さない。

じゃあ、不妊治療に踏み切るのか?

毎日毎日、こんな状態で鬱々としての繰り返し。
これじゃあ生理も遅れるわと思う。

今なら、結婚がゴールではないということがよく分かる。

人間はつくづく、悩みたくて迷いたい生き物なのだと思う。

彼がいれば、本当は何もいらないはずなのに。

まるで、一度は迷っておかないといけないかのような気になって。

年齢というリミットに振り回される毎日に疲れてばかり。
みんな、そうなのかな・・・。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

復活。 [恋愛]

夫との気まずさは徐々に薄まり、幸いにもこれまでどおり。

チャンス到来。

生まれ変わるチャンスが訪れた。

どう生まれ変わろう。
うーーーーん。

まず、部屋を片付ける。
早く寝る。
料理を楽しむ。
もう少し彼に尽くす。
彼を責めない、そして上手に誘導する。
笑顔をもっともっと増やす。
運動する。
仕事を本気で頑張る。
休日はダラダラ過ごさない。


これって基本的なことですね・・・
列挙してみて思ったけど・・・

いや、基本ができてなかったのだから仕方ない。

まず、基本を固めよう。

そして、生まれ変わろう。

がんばろう!!!!



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

懺悔。 [恋愛]

嫌われたんだと思う。

きっとそう。

私は、思いあがっていた。
愛しているにも関わらず、甘えていた。

私が心から怒れば、口を利かなくなれば、彼は反省すると思ってた。
怯えると思ってた。

そしてまた、元に戻れると思ってた。

自分が優位だと、思ってた。


昨夜、初めて見た。
笑顔のない彼を。

普通の会話ができないと思った。
頑張って、いつもどおりに何気ない話をしようと頑張っても、私の言葉が出てこない。

笑いかけても、心から笑い返してはもらえない。

冷たくなった目が怖かった。

私はいつも、あの人の心がこっちを見てくれてたから、安心して色んな話ができてたんだって分かった。

全部が当たり前だったから、当たり前じゃなくなった時に初めて分かった。

私は底辺の妻だったから。

それでいいと思っていて、それでも愛されると自信があった。
そんなの、ただ彼が許容してくれていただけなのに。

彼は幸せじゃなかったのではないか。

私は、自分が幸せならそれでいいと思っていたのでは。

ごめん。
全然可愛い妻じゃなかったね。

許されるなら、チャンスがほしい。
初めてこんなに、生まれ変わりたいと思った。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

コンビニ人間。 [本]

2時間ほどで、休憩挟まず一気に読んだ。

私は、タイトルだけ見た時点では、現代の、コンビニに頼って生活をする老若男女を描いた作品かな?と思っていた。

そしたら、全然違った。
何というか、主人公が、本当にコンビニ人間としか言えないくらい、コンビニ人間だった。

そして、コンビニで働いてる人ってこんな頑張ってるんだ、って初めて知った。

結末については、賛否両論あると聞くけど、「否」の考えの人って本当にいるのかな?

この本の感想を誰かと話したことはないけど、私は俄然賛成!!

コンビニにこういうマニュアルどおりに動ける人は必要だ。
この人自身にも、コンビニが必要だ。

そして何より、あの男(彼氏?)の言いなりにならずに、生きていってほしかったから。

この人の持つ特性上、この人に新しい場所で新しい仕事をさせるなんて酷だって思う。
あの男、そんなことも分からなかったのかよって思う。

ぜひ主人公は、あの男に見捨てられてほしい。
そして、そんなことはものともせずに、そんなことぐらいで傷つくこともなしに、これからもコンビニでイキイキと働いてほしい。

主人公はこれまで、コンビニ勤務で生計を立てて生きてきたわけで、浪費もさほどしないタイプであれば、貯蓄をこの先数十年と続け、老後の蓄えを用意して生きる、それでいいじゃない。

男の気配がないくらいで、周りにあそこまで言われなくたっていいし、男ができたからって、周りがあんなに喜ぶのもおかしい。
もしかして、主人公の目にそう映っているだけなのかもしれないが。

何もかも、振り切って生きてほしい。
そしてコンビニ人間として、邁進してほしいと思った。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: