So-net無料ブログ作成

モテテク、それは、モテるテクニック。 [恋愛]

日常の風景で、たまたまモテテク(モテるテクニック)を発見することがある。

私には、手持ちのモテテクが3つある。
ただし、使用したことはない。
使用する機会が、今やない。

誰かにお伝えしたくても、周囲は、こんな話をできるようなキャピキャピした年齢ではない。

このままだと、このモテテクは墓場まで持っていくことになる。

だから、誰も読まないかもしれないけど、この場に記す。

☆モテテク、その①★
これは、同期(化粧っ気はなく服装も地味めだが、そこそこ美人な女)とある先輩(男)の実際にあった会話。

●同期(女):今朝、電車が物凄い混んでたんですよ。

●先輩(男):大変だったね。

●同期(女):すごいギュウギュウで、知らない男の人がもうすごい間近なんですよ。
先輩にだってこんなに近付いたことないのに。

●私:ブホッ

・・・「先輩にだって、こんなに近付いたことないのに」
そんなふうに言われることで、きっと先輩は、同期(女)と近付いたことがあるかどうかについて、脳が思い出そうとする。思い出すために、想像をする。

そこにいた周りのみんなは「・・・えっ?」と、一瞬思考が停止した。

ただ残念ながら、同期(女)も先輩も天然が入っていましたので、

●先輩:いや、そもそも○○さんとそんな近付いたことないですから〜。アハハハ〜。

●周り:今の発言・・・すごい・・・

●同期(女):だって、本当に混んでたんですもん。(みんなに向かってキョトン顔)

以上、終了。ドギマギする気配は微塵も感じられず、終了。
同期(女)も、何も思ってないっぽかった(だからこそ公衆の面前で言えるワケなんだけど)

だけど、衝撃を受けたのは私だけじゃなかった。
周りみんな、何て突っ込んでいいか分からなかった。
それこそが、モテテクなんだと思った。

機会があるなら誰か、使ってほしい。
「あなたにだって、こんなに近付いたことないのに」と、できれば切ない眼差しで。


☆モテテク、その②★
これは、私が2歳半の甥っ子からくらったモテテク(甥にそんなつもりは毛頭ないだろうけど)

お正月に、実家に弟一家が集まり、夜になって帰るとなったため、
私は甥にジャンパーを羽織らせてあげた。

そしたら、甥が、言葉足らずの言葉とジェスチャーで、ジャンパーのチャックを閉めて?と私に言った。

この私めに頼んでくださるのですね?と思い、甥の正面にひざまづき、チャックを閉めようとしたのだが、これがまあ、人のチャックを閉めるのって案外難しくて、うまくいかず、ちょっと待たせてしまった。

甥は、急かすでもなく、「ママにやってもらう」と言って逃げるワケでもなく、ジーッと待ってた。

何とかチャックを閉めたら甥は言った。
「ボタンも。」

チャックの上にかぶせるようにパチパチしめるボタンがある。

この私めに、ボタンも任せてくださるのですか?
ありがとう、逆にありがとう!!
みたいな。

全部閉めてもらって、甥は嬉しそうだった。

私は、初めて思った。
チャック閉めるのって、真正面に向かい合って立たないといけないから、既にそれでドキドキするのだと。
しかも、人のチャックを向かい側から閉めるって、難しい。
後ろからあすなろ抱き?で閉めれば良かったのかもしれないけど、それもちょっと・・・

私が独身だったら、少し酔った状態で、好きな相手に言ってみたかった。
両手に荷物も持った状態にしといて、「チャック閉めてください。」って。
上目遣いで。

夫に言ってみようかな。
イヤ、こっちがドキドキするわぁ。
夫が正面からチャック閉めてくれるなんて、ドキドキするわ。


☆モテテク、その③★
これは、世の中で充分に知れ渡っているモテテクだけど、忘れられない出来事がある。

9年前になる。
後輩が十数名入社し、そのうちの1人が、私と同じ客先を持つことになった。
その後輩、ムチャクチャ美人だった。

菅野美穂+テレ朝の大木優紀アナ÷2みたいな感じで、それをものすごい大人っぽくして、更にやせさせ、ちょっと顔色を青白くした感じ?

で、その子含め3人で飲みに行ったことがあった。
年齢は後輩の方が2歳上で、それがまた、ちょっとやりづらいというかギクシャクしてる感はあった。

帰り道、駅の階段を降りる時、多少酔っていた彼女は、私の腕を掴んでいた。

顔を見たら、表情は普通だった。甘えるでも悪びれるでもなく、普通だった。
ただ、腕だけが私を掴んでいた。

彼女は1年で退職し、一生会うこともない。
それなのに、9年経っても忘れられない。
あのときめきを。

私、女なのに。
男だったら、間違いなく好きになってたと思う。
そんなことだけで。
ただ、彼女は美人だったんだ・・・ちょっとそこはバイアスかかってるんだ・・・。

彼女じゃなかったとしても、同じように思ったのだろうか。

分からない。
だけど、私と彼女の微妙な関係の中で、そんなことされたから、余計燃えたのかもしれない。

仲の良い女友達にやられても、きっと気付きもしない。

男性相手にやるなら、ある程度酔って(おとなしい酔い方をして)、バカ笑いとかしないで、少し笑う程度にして、帰り道、階段を降りるタイミングで腕を掴む。

階段を降りる時に危ないから、勝手に腕を掴む。

ここで変に媚びたり、何か言ったりしない。決して謝ったりもしない。
あの日の彼女のように。

それが一番、心をかき乱される。

久しぶりに、そんなこと思い出した。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

あなたの奥さんもらいます(葵の子どもについて) [本]

崇郎が久しぶりに田舎に現れたのは、斉藤のじいちゃん曰く「1−2年ぶり」と言っていた。

あの子どもは、まだ立てなそうだから、1歳ではないとして、仮に7ヶ月としよう。
出産までには、十月十日かかるのだから、葵は、極端なことを言うと、17ヶ月前に妊娠したことになる。

17ヶ月って、約1年半だよね。
斉藤のじいちゃんの言う「1−2年ぶり」がドンピシャすぎる。
崇郎が父親だとするならば。

でも、崇郎が父親だよね?
だって、子どもの髪の色は崇郎の色だったよね?

しかも、葵と祐輔って、毎晩励んでいましたよね。
毎晩励む20代夫婦に子どもができないとしたら、それは不妊症なのでは、と思う。
更に、崇郎では妊娠できたのだとすると、不妊症の原因は、祐輔の精子欠乏症だったのではと思う。

はっきりは分かっていなかったとしても、20代前半のより良い元気な精子を持つであろう崇郎と行為をもって妊娠したなら、きっと崇郎の子どもだよね。

妊娠が発覚した時の葵と祐輔は、どのような気持ちだったのだろう。
普通に笑顔で生きていくこととか、できるのかな。

このまま崇郎にそっくりに成長していったとしたら、性格が葵にも祐輔にも似ていないから、親族的には謎だろうね。

村の人はどう思うのだろう?
あの日、村からいなくなった若き崇郎のことを、誰か思い出したりするのだろうか?
大家さんと斉藤のじいちゃんなら、この子崇郎にそっくりだなぁ、って絶対に思うはずだけど、子どもが年頃になった時、その2人がまだ健在かどうかは・・・。

でも。
高齢になり、衰弱した大家さんの前に、17歳くらいの、年頃になった葵の息子が現れたとしよう。
崇郎に生き写しの姿で。

きっと大家さんは言うであろう。
「おまえ・・・そうか・・・そうだったんか・・・」と、全てを悟って言うであろう。

何となくだけど、その頃には葵と祐輔は離婚してそう。
絶対、破綻するって。
赤ちゃんのうちはまだいいけど、どんどん崇郎に似てきたら、祐輔も普通じゃいられないはず。

ところで、話は子どもが生まれる前に遡るのだけど、
個人的にドキドキしたのが、斉藤のじいちゃんが子どものできない葵ちゃんに向かって、「こいつで試してみれば?」と崇郎を推したシーン。

いや、ドキドキした。
多少、葵と崇郎は、それに近い関係になっていたとは思うけど、改めて他者から突然勧められると、ドキドキした。

よかったね。
あの時、崇郎という人がいて。

きっと葵は、子どもを産んでも、いつもどおりぶっきらぼうに過ごしていくだろうから、親族はなんだかんだで誰も気づかないさ。

あんなことをして、授かっただなんてさ。

ただ、肝心の崇郎の心が分からない。
「え?!子ども?!」みたいな反応だったけど。
どう思ったんだろう。

きっと気付いただろうね。
でも彼は深く考えないから、「パパでちゅよ〜」って普通に本音?で言って、じゃあね、って帰っていきそう。
訪れた痕跡も残さずに。

でも、大家さんが葵ちゃんに「今日、崇郎きたよ」って教えるだろうから、葵ちゃんは崇郎とのあの日のことを鮮明に思い出しそう。

立ち入り禁止のトンネルをくぐって、明け方まで契りを交わしたこととか。
「別れたら、俺と結婚すればいい」と、心強く優しい言葉をくれた時のことを。

そんな中、子どもが泣いて、いつも通りの日常に引き戻されそう。
そして何事もなかったかのようにオムツを替えるのであろう。

よかったね、葵ちゃん。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

あなたの奥さんもらいます(祐輔が不気味な件) [本]

ところで、祐輔は何だったんだろう。
今回の登場人物の中で、最もメンタル的に問題ありだと思う。

客観的に、なんで葵はあんな男を?
葵のことを、人付き合いがうまくないとか孤立しやすいとか言ってたけど、そういう女と結婚して、いわば飼いたいような気持ちだったのかな。自分の思い通りに。

葵も葵で、何度か「彼は人気者だった」とか、「彼はまあまあモテる」とか発言してたから、そんな男から認められた自分が、嬉しかったのだろうか。

でもさ。
祐輔・・・キモくね?
普通に、表情とか、やることなすこと。
本当に人気者だったの?
崇郎が人気者だったとしたら納得いくけど。

やっぱり書いてて思うのは、崇郎はたまたまだよね。
改めて思った。
たまたま隣に来た人と、短期間の恋をして遊んだだけだと。
そして、行き着くとこまで行き、若干飽きたのでは?

崇郎のたくさんの遊び歴の中の、随一の過激ネタとして、彼のメモリーに収録されただけじゃない?

てか祐輔のホラー感が半端ではなかった。
背景も森とか山とか多くて、そもそもが全体的に暗くてホラー入ってたけど、それを崇郎と大家さんと斉藤のじいちゃんが陽気にしてくれていた。

しかし祐輔が出るシーンは全部怖い。
彼は何がしたかったんだろう?
崇郎に対して優越感を感じたかっただけ?
本当にそれだけなのだとしたら、あんなことになっちまってバカすぎる。

葵のあられもない写真を崇郎に送ったのも、自慢というか自己顕示欲というか、キモい。
崇郎は、気を遣って「保存保存」と言ってたけど、普通に引いたと思う。
「旦那の前ではこんな顔するのかー」みたいなこと思ってたけど、それは大した嫉妬でもなくて、感想の1つだと思う。

崇郎と葵の行為中に、祐輔が窓から見てる姿は本気でホラー。
えっ?これ、セクシーなシーンだよね?みたいな。
セクシーより確実にホラーが勝っている。
読み終わった時、あのシーンを思い出そうとすると、結局葵と崇郎がどんな感じで最後までいったか思い出せなかった。祐輔が強烈すぎて、記憶全部そっちに持ってかれた。

祐輔と葵が、最後のベッドのシーンで「別れる」の結論になっていたら、どうなったんだろう?
だって、そんな中、崇郎は既にいなくなってるから。
2人とも、まさか崇郎がいなくなるとは思っていないだろうし、自分達中心に物ごとが回ってるとか思ってそうだから、肝心の崇郎が既にいないってのは、まるで2人が捨てられたかのようでちょっと笑える。

やっぱいいよなー、崇郎、いい生き方だ。
祐輔のことを書こうとしてるのに、すぐ崇郎の生き方の話に脱線してしまう。

で、祐輔はドMなのでしょうか?
「俺とあいつ、どっちが良かった・・?」と質問した時の祐輔の顔は凄すぎました。
ちびまるこちゃんでよくあるシーンみたいに、目の辺りに縦の3本線がサーっと入ってました。

そこで葵が「崇郎くん」と答えたことを、崇郎に教えてあげたかったです。
崇郎はそれを知る機会はないから。
仮に崇郎がそれを知ったところで、崇郎が葵を迎えに行くことはなく、想いが募るわけでもないとは思うけど。
ただ、祐輔と葵のプレイに無料で協力してあげたわけだから、せめてそれくらい、いいじゃない。

てか!!
「私があいつの子供を妊娠してたらどうする?」と言った葵に対して、「俺が育てるよ」って、そ、育てるのかよ!!!

何なら、祐輔も崇郎のこと、ちょっと気に入っちゃってんじゃん。
あんな感じの子供が生まれたら、明るい家庭になるとか、うっすら思っちゃってんじゃん。(勝手な見解

祐輔は、自分に自信があるくせに、自分のことが実は潜在意識の中で嫌いなのでは?
崇郎みたいな男が、本当は好きなのでは?
だから、無意識に崇郎に葵を近づけさせて興奮して、結果的に家族に崇郎みたいな真っ直ぐな男の血を迎え入れてもいいと思った。
いくら葵が産む子供でも、憎い男の子供なんて普通は育てられない。

でも、育てるということは、そういうこと・・・。
悲しい男・・・(全て勝手な妄想です)

感想はまだまだ尽きない。

次は、子供について語りたいコトがある。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

あなたの奥さんもらいます(崇郎から教わる教訓) [本]

このところ、「復讐の未亡人」の続編が出ていることを知り、久々に「めちゃコミック」のサイトを覗いた。課金して読むかどうかを、迷っていた。

そんな中、作者である黒澤Rさんの他の作品も目にし、私は課金を決めた。
復讐の未亡人以上に、読みたいと思える作品があった(もちろん、復讐の未亡人も購入するつもり)。

それは、「相姦の赤い河岸」、そして「あなたの奥さんもらいます」。

相姦の赤い河岸なんて66話まで出てるみたいだったから、これは腹を決め、5400円コース(8000ポイント分もらえる)登録。

マンガごときに、って思ってる。分かってる。

でも。
マンガから大きな影響を受けるタイプなんで、この意義は高い。
これ店頭で買えと言われたら、昭和の人間なんで無理ですが、ネットだから誰にも知られず買える。
心から、このテクノロジーに感謝した。

そんなわけで、読んだ。
まずは「あなたの奥さんもらいます」から。

全20話、一気に読破した。
まず、この黒澤Rさんの作品に登場する男性は、なぜにこうも魅力的なのか。
復讐の未亡人に登場する斎藤もそうだったけど、毎度毎度、登場人物を好きになってしまう。
勝手に幸せまで願い始める。

隣人の崇郎(たかお)くん、非常に良い。
明るくて、若くて。
お年寄りにも子供にも優しくて。
詐欺師にいそうなタイプでもあるというか。
どんな女性にも、きっと挨拶のように口説き文句を言えるタイプ。

決して憎めない。
たとえ葵でも、彼のことを。

葵は途中から気付いていたのでは?
明らかにこの状況下で、おかしいのは崇郎くんよりも夫の祐輔だ、って。

葵と祐輔は、描かれていない過去のストーリーできっと強固な絆で結ばれている。
その強固な絆に崇郎くんは勝てないけど、結果的に誰よりも、崇郎くんが一枚上手だったことは分かる。

だってさ?
崇郎に彼女はいない。
隣に、ベランダで行為をするような夫婦が越してくる。
妻は自分に心開かない。
落としてみたい。
夫が、葵と崇郎を2人っきりにさせようとする。
夫が、葵のことを落としてみろと挑発してくる。
葵と一線を越え、しかも夫にそれを見られる。
葵は祐輔との関係に一度は絶望し、このまま一人になったらどうすればと、遠回しに崇郎に迫る。
優しい崇郎は、俺と結婚すればいいと言う。
でも結局、祐輔は葵にすがっているので、崇郎は結婚せずに済む。
そんな中、崇郎は友人からの仕事の誘いで東京に戻ることになる。
もう葵と会えなくても、崇郎はああいう性格だから、一時は寂しく思ってもすぐ割り切れる。
何なら数年後、普通にまた田舎に空気吸いに来ちゃってる。
葵の子供に普通に頬ずりし、きっと彼はまた東京に戻って普通に調子よく暮らす。

何も傷ついてない。

何だろう。
その生き方、見習いたい。
楽しいだろうな、って思う。
あまり気にしないで、うまく時が過ぎて。

このマンガに教訓があるなら、「深く考えずに生きていく」ということなのかと思う。
そしたら、みんなが幸せ。
あのあと崇郎が深く考えてしまったら、未来は変わってしまっただろう。

崇郎があっさりいなくなったことについて、葵と祐輔はどう思っただろう。
「あら?深く考えて興奮しちゃってたのは、私達だけ?」って感じではなかろうか。

一番いいのは、気にしないことだ。
そしたら周囲も、そんな空気に巻き込まれる。

ことのすべてが、いい思い出になれる。

私自身は、相手の気持ちを読もうとしたり、相手にどう思われるかと深く気にするタイプだから、明日から崇郎くんみたいになれるよう、頑張ろうと思う。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。